事故車とはどの程度からになりますか?

事故をしても事故車にならない事があるそうですが、なぜでしょうか?

 

事故車というのは、車販売店や車査定士が使用している中古車自動車査定基準に基づくと、

 

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、
またはその修復歴のあるもの」

 

と規定されています。

 

 

簡単に言うと、車の骨格部分を交換、または修復した車のことを
事故車(=修復歴車)と言います。

 

 

ですので、骨格から外せる部分を修理、または交換しても事故車扱いにはなりません。

 

例を挙げると、バンパー、フェンダー、ボンネット、トランク、ドア、エアロパーツなどは大丈夫です。この部品の交換だけなら事故にあったからといって、事故車ではないという事になります。

 

例外として、雹(ひょう)害、冠水(水没)、鉄粉被害、降灰、火災、塩害などの災害車は事故車扱いとなるようですのでお気を付けください。

 


自動車一括査定の知識

一括査定はどこが一番いい? 一括査定で一番高く売る方法! こんな車でも売れますか?


車を売るのは初めてだし、どこに売ればいいのか分からない方へ。


 当サイト一番人気の買取店


少しでも高く売りたいなら、簡単にできますのでチャレンジです!


 誰でも簡単に高額査定の方法



ちょっと売れるかどうか自信がないんだけど・・・という方はコチラへ。


 事故車でも売ることができます

トップページへ